上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 10日に、Aちゃんの結婚式があった。格式ある料亭の和風な大広間での披露宴は、落ち着いていて、なごやかで、二人の思いがこもった素晴らしいものだった。

... 続きを読む
スポンサーサイト
2006.04.26 大人のぬり絵
20060419140501.jpg

「けんじのぬり絵」は、じっちゃ、ばっちゃがお茶を飲みながら

昔の郷愁に浸りつつ、気軽にあそんでほしいなぁ、という思いから

出来あがった商品だ。

 「どんどんコピーして遊んで下さい。」というのが災いしてか、

月に10冊程度しか売れない。

でも、このぬりえで遊んでくれた方々から、「ひさしぶりに家族みんなで

楽しめた」「思い出話に花咲いた」などのありがたい感想をいただいた。

もう両親が他界している僕にとっては、うれしい言葉だった。

 最近、20代ぐらいの若いお客様がこのぬりえを購入してくれている。

「じいちゃん、ばあちゃんにプレゼント?」と聞くと、「いえ、自分で」

想定していなかった世代の反応に少し当惑している。

 何かを思い立ち、具現化のために動く、そして実現していく。

様々な反応が返ってきて、また次の展開のステップとなっていく。

こんな感じで繋がっていくんだろうな、いろんな事が…。

 これからも損しようが得しようが、やりたい事はやっちゃうぞー。

人生一回こっきりだから、なんちゃって。



…できれば両親が元気なうちに商品化したかったなぁ。



20060419140156.jpg


新庄出身の安彦麻里絵さん、親戚はいますわね。
でも、こんなに身近にいたとは・・・

獏書房のM子さん、実は嫁いでKさんになったんですが、安彦麻里絵さんK家の親戚だったとかで・・・

というわけで、獏書房様へという色紙を頂きました。
なんだか、娘さんの方が絵が上手らしいです。
2006.04.19 安彦麻理絵は
20060419140224.jpg


スゲェ!!と思います。

「めーどイン山形」定価980円は、新庄が舞台。

はじめのほうのひとコマには、私が「どげだ?コレ…」って出演していると、

よくお客様に言われます。おかげさまで最近では、「あ、俺だな」と

ようやく思えるようになりました…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。