FC2ブログ
2007.10.12 内藤VS亀田戦
昨夜のWBC世界フライ級タイトルマッチをテレビで観ていて、元ボクサーとして、「恥ずかしい世界戦」をしてくれたものだな、と実に情けなかった。
 
 
 あの試合は、プロアマを問わず今まで観戦した試合の中で、「最低最悪」だった。それどころか、過去の世界戦を闘ってきた誇り高きボクサーたちの栄光の歴史をも汚したとんでもない試合だった。友人と観ていて、余りの内容に途中気分が悪くなり、画面を直視できなかった。
 スポーツでは「品格」を抜きにした「勝利」は無意味である。ただ勝ちゃあいい、では「栄光」を讃えようがない。
 栄光のボクサーを目指している若者たちが世の中に大勢いるのだ。ボクシング関係者は、それを肝に銘じて運営をすべきだ。それでなくても、ボクシングや相撲などの格闘技は、暴力団との密接な関係がよく取り沙汰されている世界だ。亀田のような「品格」に欠ける選手は、心を改めるまで、リングに近づけるべきではない。世界戦というボクシングの頂点のリングで、あの「暴挙」は信じがたい。リング上の長い歴史の中ではじめて観せられた「光景」に、どれほどのボクシング関係者やファンが落胆しただろう。「まだ18歳だから」と許される行為ではない。ボクシング界の威信をかけて、彼と、彼を指導した周囲の大人たちを厳正に処分すべきだと思う。
そしてなにより神聖なるスポーツを冒涜し、単なるショービジネスに引き摺り下ろしたTBSの責任は更に重い。こういう企業が存在する限り、スポーツ本来の素晴らしさは、捻じ曲げられ続ける。その素晴らしさには目もくれず「マネー」にとり憑かれた魑魅魍魎どもに振り回されると、あのような前代未聞の「世界戦」になってしまうのだ。この度の「世界戦」に関わった全ての大人たちに「ペナルティ」を科し、全てのシステムを改革しない限り「スポーツ」の未来は、暗黒の世界へと迷い込むことになる。
そんなことを考えてしまうほど「最低最悪」のリングだった。内藤選手は本当に災難だった。ちゃんとしたボクシングを国民に観てもらいたかったよね。
お疲れ様でした、世界チャンプ。
 
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://bakubakubaku.blog59.fc2.com/tb.php/136-726ba29e