FC2ブログ
2008.03.21 ネズミの国
今の日本は「ネズミの国」のように思える。
 この国を操るネズミたちはチュウチュウ、チュウチュウ、ヒマさえあれば喧嘩ばっかりしている。 
それがどんどんエスカレートして、天敵の猫やキツネやカラスたちが狙っていることなど、彼らの頭からスコ~ンと抜けてしまっている。もうすでに、国の周囲をぐるりと敵に取り囲まれているのにもかかわらず、そんなことには一切お構いなし。
 でも、そんなネズミの国のなかにも「どげんかせんといかん」と警鐘を鳴らすネズミたちもいる。今は都会のネズミも田舎のネズミも、生き延びるのに大変な状態で、悲痛な鳴き声をあげているのに、いっこうに「偉いネズミ」たちのくだらない「喧嘩」は、治まることがない。
 そんな状況の中、海のすぐ向こうの「チュウ国」は薄笑いを浮かべながら言い放題やり放題、更に、はるか海の向こうの臓物腐りきった「Monster Mouse」は、「属国」のぶざまな姿を、とりあえず黙って見ている…。

 こんな感じに思えるのだ。

平和ボケもここまで来ると「国家滅亡」が現実味を帯びてくる。
近い将来、卒業式や入学式に「星条旗」が掲げられる日が来てしまうのかなぁ。

「むかし、君が代だ、日の丸だと騒いだことあったよねぇ~」なんて
話をする日が来ないことを、国民の一匹として、切に願う。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://bakubakubaku.blog59.fc2.com/tb.php/188-53f72f67