FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の大地震と津波による原子力発電所の大事故は、全世界の才知を結集し、全勢力で放射能拡散を阻止すべきだ。
いくら日本の原発技術が世界の最高水準だとはいえ、今回の大事故は、日本だけで解決できる問題とは思えない。
この際、くだらないメンツやプライドなどかなぐり捨て、放射能汚染を防ぐべきだ。
と、もし高木仁三郎先生が生きていたら、国や東電などの関係者を怒鳴り付けたはずだ。

まもなく、暖かい「春風」が吹く。本来なら、雪国の住民はジーッと耐え忍んで待ちわびている。しかし、この度の原発事故により、春風を待つどころか、寒気をありがたくさえ感じる。
東北、北海道は日本の「食糧生産基地」である。春風が吹いたら、農産物のほとんどが壊滅的なことになる。
国や東電は、それを理解しているのだろうか。理解しているなら、すでに世界中の英知を結集して放射能拡散の対策をしているはずだ。
おそらくこの事故は、地球規模の放射能汚染になるかも知れない。そこであわてて、世界の英知を結集しても遅すぎる。
今回の大事故は、日本の力だけで大丈夫かも知れない。しかし、手に終えない場合は、どうするのだ。
今こそ、国民のため、全人類のために英断を下すべきじゃないのか。それすら出来なかったら、政権を放棄してシェルターの中にさっさと逃げ込むべきだ。

そして、全世界の英知を結集しても放射能拡散を防げなければ、電力を原子力に頼ることは、即刻止めるべきである。




スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://bakubakubaku.blog59.fc2.com/tb.php/380-0b054458
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。