FC2ブログ
では、LOVEのつづきを…
 彼のスゥイングは、この世のものとは思えない、と言ってもあの世のものでもないが、とにかく素晴らしい。
振り出しからミート、そして振りぬき走るまでが、まさに芸術的である。
まるでオーケストラ指揮者のタクトのように見えてしまうのは僕だけだろうか。テレビでしか見れないが他の選手が使用するバットとは別素材のモノのようにみえる。
おそらく対戦するピッチャーは、異次元世界の住人と勝負するような思いをしているのではないだろうか。
 ではなぜ彼は、ここまで到達することが出来たのだろうか。もちろん勝手な推論だが、生まれながらに授かった「才能」を周囲の大人たちがいち早く見出し、楽しめる環境を整えた。それによって本人自身が「楽しむ方法」を身に付けていく。その結果、「運」も味方につけていき、今の「イチロー」が存在するのではないか。つまり「才能」と「運」を接着するのは、「楽しさ」なのではないだろうか、と考えるのだ。
と簡単にいうものの「野球をしていないと死んじゃうょー」ぐらいの人間じゃないと、その「楽しさ」というものは獲得できないんだろうけどね。
 サッカーでは、ブラジルのロナウジーニョが「イチロー的選手」だよね。
彼らを見ていると「スカーッ」とするのと同時に、
「本当に好きなこと」に出会おうともせず、スーダラと生きちゃっていると、自分みたいになっちまうんだな、などと、しんみり思ってしまうのだ…トホホ。

 世界の、夢多き子どもたちよ、「好きで好きでたまらない」何かを見つけて、人生楽しんで生きてくださいね。
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://bakubakubaku.blog59.fc2.com/tb.php/46-748edd60