FC2ブログ
2007.07.18 山形刑務所
という「塀の中」は、辛かった。

 
 でも保護司という役目を担っている以上、対象者を

より理解するためにも必ず参加しよう、と思っていた。

 刑務官の説明では、今現在1,100名程の受刑者を収容して

おり、間もなく400名程増える、とのこと。

以前は「交通刑務所」と言われ、悪質な交通事故を起こした

受刑者用の施設だったようだが、現在は4ヶ月から無期までの

幅広い受刑者がいるそうだ。

 刑務所内を見せてもらったけど、通常の公共施設にはない、

重たくひんやりとした空気だった。

 廊下などで自分の息子と似た青年や

どう見ても好好爺にしか見えない

受刑者たちとすれ違う際の、鉛のような時間と空気が

堪え難く、

「もういいから・・・早く帰りたい」

と思った。

 と同時に、

国民生活の安定に向けて

有効な政策を示せず、選挙のためだけに

奔走する「アイツ等」に強い怒りを持った。

 国民の生活には見向きもせず、

有権者としての国民、にだけ

口八丁手八丁で擦り寄ってくる。



僕も、「最低」だが

彼等ほど恥ずかしい動きはできない。

あいつ等や、やつ等を崇拝して

蠢く地方議員たちが、

この国や地方に影響力を持っている限り

 国民に、この国に、未来はないだろう。

そう遠くない将来、犯罪者で街は溢れ

「刑務所」だらけの日本国に

なってしまうのではないかと思うと

夏なのに、背筋が寒くなった。



子どもたちの未来を、なんとかしないと。
















スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://bakubakubaku.blog59.fc2.com/tb.php/98-b4b18fd6